HOME   >   方言の分類と特徴

広島の方言の分類と特徴

広島弁の分類と特徴

広島弁は大きく2つの種類に分けられ、 かつての安芸国で話される安芸方言と、広島県東部の旧備後国の備後方言があります。 主に広島弁というと安芸方言のことをさすケースが多いようです。 広島弁はドスが効いているので、他の地方の人が聞くと「怒っているのかな?!」と思われるようなケースが多いですが、 決してそんなことはありません。

確かに博多や大阪など、ガラの悪い地域の言葉は聞いているだけで怖くなってしまうという人が多いですよね。

広島弁(安芸方言)の位置づけ

安芸方言は西部中国方言と位置づけられ、山口弁や石見弁と似通っています。

地理的には安芸方言と備後方言とは近いが、備後方言は東の影響を強く受けているので岡山弁に近く、 ニュアンスは安芸方言とそれほど似ていません。従って、福山市や尾道市などの備後地方東部は岡山弁とほとんど違いが無く、 広島弁と比較して口調が早く感じることが多いです。

更に備北地方では安芸方言の影響を受けつつより素朴な表現が用いられており、場合によっては南部の広島地域と会話が通じないケースすらあります。 また、備後方言や広島弁と比べて口調がゆっくりしていることも特徴です。

一方で愛媛の伊予弁とは海を挟んでいるが系統的に近いものがあるというのは興味深いことですね。 また、アクセントとしては広島弁のイントネーションは関西ではなく関東の言葉に似ています。

有名な広島弁

自分のことを「わし」、相手のことを「われ」と呼ぶことや、文末の「じゃけぇ」「じゃけん」「じゃけぇのぉ」などはインパクトがあり、 全国的に知られている話し方では無いでしょうか。
TOPページに戻る