HOME   >   正しい転職先の選択方法

正しい転職先の選択方法

一度選択肢を広げる

皆さんもご存知の通り、ナースの職場は病院だけではありません。 子供を相手にする保育園や学校で働く看護師さん、老人を対象にした介護施設、一般企業などたくさんの働き方があります。 更に少子高齢化の影響などで、こういった施設での求人は近年増加傾向があります。

インターネットで少し検索するだけでも、あなたの周りには多くの働き方があることがわかるでしょう。

施設のカテゴリ、希望の条件を明確にする

施設の分類や希望の条件を決めていくために、あなたが望んでいる生き方や働き方を考えていきます。 目標を明確にして夢に日付を・・・と言い出すと某居酒屋チェーンの社長さんのようになってしまいますので、 ぼんやりでも良いでしょう。

また、それは現在どのようにしたいかというだけではなく、10年後、20年後のことも見据えた上で、 これからの仕事場をイメージしてみてください。

それから、新しい職場に望む給与金額、休暇、勤務時間、勤務地、教育体制、仕事内容などを それぞれ考えていきます。更に、あなたがどうしてもゆずれないポイントと、最悪ゆずっても良いポイントに分けて考えておきましょう。 これくらい明確にしておけば転職をすすめる際に迷いも無いですし、最終的に転職しないとしても自分の中で納得感があるでしょう。

自分の希望を大事にし過ぎない

美人看護師 せっかく新しい職場を選べるのですから、「夜勤が無いほうが良い」「二交代が良い」「急性期は行きたくない」など、 様々な要望があるかと思います。

しかし、自分の行きたい職場についての想像は、 誰かが植え付けた先入観からの思い込みである可能性も大いにあります。 不本意な職場に移された結果、楽しく働けてキャリアアップになったような例は少なくありません。

コンサルタントの言いなりになってはいけませんが、 絶対ではないこだわりについては思い切って捨ててしまう懐の深さも備えておいて良いのかもしれません。

TOPページに戻る