HOME   >   保育園で働く

広島の保育園で働く

広島の保育園の求人

保育士 保育園からの看護師の求人は大変希少で、全国で見ても看護師さんへの門戸は大変狭いと言っても良いでしょう。これは広島県内でも同様で、 求人は簡単には出てきてくれません。

求人サイトをいくつか当たってみましたが、公開求人として出しているところは見つかりませんでした。

一方で、求人サイトは非公開求人をたくさん保有しており、
保育園からの求人などはすぐに埋まってしまうので公開していないようなケースも多く見受けられます。

ですので、是非求人サイトに会員登録してみて、 保育園の求人が無いかどうか調べてみることをオススメします。

保育園でのナースの仕事

保育園では、主に保育士さんが活躍していますが、その中に混じって多くの看護師さんも活躍されています。 多くの場合保育園では看護師さんは一名体制での勤務になります。仕事内容としては、保育園児の健康の管理と応急処置になります。 一名体制ですので、誰かから仕事を指示されるという事はほとんどありません。 そのときの状況を見て自分で仕事を作り、進めていく主体性が求められます。 この点で好き嫌いは別れるかもしれませんね。

怪我の治療

特にまだ年次の低いこどもに関しては、突発的な下痢や発熱、転倒による外傷等が頻繁に発生しますので、 そういったときの応急処置を行います。

但し、保育園の中で行える処置には限界がありますので、場合によっては近隣の施設と連携を取って対応することもあります。 そのために、常日頃からそれらの施設とコミュニケーションをはかっておくことで、 いざというときにスムーズに連携を取れるようにしておくことも重要な仕事です。

感染症の予防

大事な仕事の一つとして感染症の予防が挙げられます。大人と違ってまだ抵抗力が弱いので、当然こどもの感染リスクは高く、 常に流行っている感染症に対してアンテナを張り、勉強しておくことが必要になります。 こどもに伝えたい場合にはわかりやすく絵や物語の形式で伝えるよう努力が必要ですし、 こどもで限界がある場合は保護者に大して案内を出したりするというアプローチも必要になります。

保育士との連携

保育園で働く主役は何と言っても保育士さんですから、彼らとの連携は命綱です。
保育士さんには保育士さんの考え方やプライドがありますので、 まずは保育士さんの仕事の内容を知ることが大事になります。彼らがどんな目線で園児や保護者を見て、 接しているのかをわかると、保育士とコミュニケーションをはかりやすくなります。

更に、そのために一定レベルの保育に関する知識を少しずつでも勉強しておくことも 保育士のお仕事の内容を把握するためにはプラスになるでしょう。
TOPページに戻る